ファイルサーバー代わりに使えるNAS

  • ファイルサーバー代わりに使えるNAS

    • データを記録するための装置としては、ハードディスクなどの外部記憶装置があります。
      一方で、利用が進んでいるNASは、一歩進んだ外部記憶装置としての利用が可能です。



      このデータ記録のための装置は、単にデータの記録ができるというだけでなく、ネットワーク機能を持ち合わせているという点に特徴があります。



      一般的に外部記憶装置は、主たる情報機器に接続してデータの読み書きのための処理を行う必要があります。


      NASの場合には、ネットワークに接続したクライアントからの問い合わせに対して応え、必要に応じたデータのやり取りを自発的に行う事ができるという点にメリットがあります。



      そのため、ハードディスクなどそのままの外部記憶装置単体よりは、価格面で高い傾向にあります。



      しかし、NASを導入すれば、ネットワークに接続してデータのやり取りを行うためのファイルサーバーを新たに立ち上げる必要がないことから、十分にメリットはあります。



      家庭内やオフィスで簡易にデータの記録や参照を行う必要が出てきたとき、気軽に導入して使うことができるという点で利便性が高いです。



      価格も普及に伴って下がりつつある事から、ファイルサーバーを構築する技術を持っている人でも、追加の設備としてネットワークの中に配置してみるのも方法です。



      ネットワーク上でのデータ利用の幅が広がることで、必要な時に必要なデータを記録したり、あるいは引き出してその恩恵が受けられます。



  • 関連リンク

    • パソコンなどにデータを保存しておくと、其のまま長期間保存することが可能となっています。それはインターネット上で登録したデータなども同様であり、クッキーなどを利用することで一定期間保存することができますが、それ以上に長期間保存することが可能となっているのがストレージです。...

    • スマートフォンやパソコンを使う際に、ストレージという言葉を目にすることはありませんか?私はスマートフォンを使用する際によく『ストレージ容量が足りません』と警告文を出されます。なんとなくデータを記憶したり保存したりする物だろうというあたりはつきますが、そもそもストレージとは何なのでしょうか。...